カテゴリーを選択
開催日を選択
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             
  • 2020年9月
       
         

恋とオンチの方程式

2013年12月12日(木)-12月26日(木)、映画「恋とオンチの方程式」のロケが行われました。
監督・脚本を地元の銀行に勤務しながら映画制作を続けている香西志帆さんが、プロデューサーを香川県出身で「踊る大捜査線」シリーズや「UDON」の監督の本広克之さんが務め、さぬき市・津田の松原を舞台にオール香川ロケで撮影されました。
物語は歌が下手なバスガイド(夏菜)が、同僚とご当地アイドルユニットを組み、勇気や努力で幸せをつかもうと成長していくラブコメディ-。
2013年12月14日・15日は、津田の松原で200名を超えるエキストラや地域住民の方を動員し、「栗田家ファミリーコンサート」シーンのロケを行いました。
厳しい冷え込みの中、深夜にまでおよんだ撮影・・・。司会者役のよしもと・香川住みます芸人梶剛さんの8回のNGにも皆さん温かく(笑)、拍手で盛り上げたりオンチな主人公に罵声を浴びせたり(そういうシーンです)とがんばっていただきました。
あまりの寒さに皆さんの体調を心配しましたが、津田町さぬきうどん研究会の手打ちうどんや自治会婦人部の豚汁や甘酒のお接待に、心も体もホカホカに…。
さぬき映画祭2014のオープニング作品として上映され、満員御礼!大好評でした。
ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

制作年 2013
主なロケ地 さぬき市/津田社会福祉協議会、津田の松原、道の駅津田の松原、志度音楽ホール、鶴羽小学校、津田小学校、津田ドルフィンセンター、うのべ公園、商店街、ことでん志度駅、志度寺
高松市/高松空港、Benの台所、ホテルクレメント高松、Don di mare、デックスガレリア、スムースカフェ、こだわり麺屋、無印良品の家、eとぴあBBスクエア ほか
ロケ日程 12月12日(木)-12月26日(木)
キャスト 夏菜、平岡祐太、黄川田将也、森昌子、戸田恵子

名前 しんちゃん(香川フィルムコミッション)
内容 映画『恋とオンチの方程式』撮影のための地元エキストラ。
(具体的には、)劇中の主人公たちが参加するカラオケ大会における審査員席で聴講参加。
12月7日(土)および12月8日(日)
楽しかった点など ・映画製作は、カット撮影(映像練習・演技本番の組み合わせ)を繰り返し、助監督が段取り進行を台本に基づき、プラモデルを創っているような感覚で行われた。
・今回、同席した114BKさん3名と主婦代表の2名と仲良くさせていただき、「飴とチョコレートを交換しながら極寒に耐えながら」12月の季節感を骨まで感じることができた。
・アンパンマン声優、戸田恵子さんの女優としての力量を生肌で感じた。いいね~!
・バスガイド役に夏采さん、母役に森昌子さんも話題性があり、輝いていた。
全体的な感想 ・浜辺に200人超の地元エキストラが参加し、夜10時過ぎまで寒さと格闘しながら撮影エキストラの協力ができた。(極寒も終われば、いい思い出になります!)
・空気を読みながら、助監督の指示で『拍手業務で強弱付け、ブーイング・ヤジ業務も他者と被らないように挿入し』自然体のありのままが撮影された。
・地元自治会(津田町映画製作委員会)が『讃岐うどん+お汁粉』のお接待を裏方応援(おもてなし)し、心も身体もポッカポッカに…!ありがとう。
FCへのメッセージ ・香川県の広報活動に有益であります。(^O^)/ 
①今回、白砂青松で有名な津田の松原(さぬき市津田町)を舞台にした映画であり、『地域住民の誇りである地』を全国にPRしてください。m(__)m
そして、まだまだ香川県にはいろいろな表情を持つ地域が多く存在しますので、その魅力を優しい視線で『今(現況)を切り取りって』ください。10年後、楽しい思い出となることを期待しています。
②地域活性化には、県外の方に関心を持っていただき、来訪し地域住民と交流することで観光産業が成長すると、おおいに香川FCに夢を託しています!
<目指せ、第2の湯布院を! 実践せよ おもてなしさぬき市を!>
名前 ほのママ(香川フィルムコミッション)
内容 12月23日(月・祝) 観光バスの乗客役
楽しかった点など 赤ワインでカンパーイ!!もちろん、ぶどうジュースでしたが美味しかったです(笑)
本番前、役者さんがベンチコートをささっと脱ぐ、ヘアメイクさんが近寄ってきて前髪の流れや化粧をささっと手直しなど、ナマで見れて、うわぁぁぁ、スターだぁぁぁと、内心かなり興奮しました☆
全体的な感想 エキストラ参加はこの映画が初めてでした。勝手な私の思い込みで、午前中にささっと撮って終わるだろうと思いきや、甘かったーーー!!7時から16時。。。
いざ「本番っ!!」と監督の声がかかるまでが、長い長い。これが、現場なんだと改めて感じました。役者さんをいかに輝かせていかにいいシーンを撮るか、本番に入るまでの照明や音声、カメラマンさんなど技術屋さんの仕事ぶりも素晴らしい☆
ほんまに私、映っとんかな?と心配でしたが、映画館の大画面で自分にしか分からない自分の姿を観たときには、心が弾みました☆☆
なんといってもエキストラ参加には、時間と体力が不可欠。充電したらまた次、これからもちょくちょく参加させてもらおうと思います。素敵な思い出をどうもありがとうございました☆
FCへのメッセージ 香川県のえーとこ、これからも全国に発信だっ!!いや、世界に発信だっ!!