カテゴリーを選択
開催日を選択
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       

テレビシャカイ実験あすなろラボ

2013年8月8日(木)「テレビシャカイ実験 あすなろラボ」のロケが高松市の栗林公園で行われました。
 
撮影には、エキストラの方の他、讃岐国分寺太鼓保存会、源平紅白キャラバン隊、うどん音頭の翠扇会、ツルキャラうどん脳などにお集りいただき、栗林公園はお祭り騒ぎに!

要さんに対して事前にロケの内容を伝えないというサプライズ企画でしたが、要さんは困惑した表情を浮かべながらも、爽やかな笑顔と楽しいコメントで、会場を盛り上げていました。

エキストラの方たちには、可能な方には和装で着飾っていただくなど、栗林公園の雰囲気を演出していただきました。
お暑い中、本当にありがとうございました!!

制作年 2013
主なロケ地 栗林公園
ロケ日程 8月8日
キャスト 要潤
関連リンク 公式サイトを見る

名前 かずよ(香川フィルムコミッション)
内容 8月8日(木)要潤さん応援団
楽しかった点など 一つ目は、「撮影現場にいる」という非日常がとても楽しかったことです。
二つ目は、何といっても要潤さんに間近でお会いできたことです。長身の、陸上部で鍛えた無駄のないスタイルは「かっこいい」そのものでした。
三つ目は、見知らぬ人との一期一会の出会いがあったことです。撮影の合間に若い人達とおしゃべりしたり、他のグループの人達の会話が耳に入り情報を得たり・・・。
暑さが吹き飛ぶ楽しい時間でした。
全体的な感想 「私がディレクターです。」猛暑の中、力強い声での第一声。
要潤さんを歓迎するプロローグから本舞台に移った時、彼は一段と大きな厳しい声で「その鈴割りいらない。○○もどけて。」せっかく用意していたものを情け容赦なくどけるようスタッフに指示したのでした。・・・撮影が終わり納得。鈴割りは、めでたく「讃岐うどん」を言い当てた際のクライマックスシーンに使う為のものでした。彼の頭の中で計算されていた場面設定だったのです。「さすがプロ」と感心しました。
また、要潤さんのうどんを食べながら呟くうどんの分析コメントが、とても詳しく適切で驚きました。うどん店主の方、国分寺太鼓の方々が心配顔でいたのも「ハラハラドキドキ」に一躍買っていました。
そして、嬉しかったことは、久保アナウンサーをはじめとしたスタッフの皆さんのエキストラへの心働きでした。真昼の暑い中での撮影でしたが、笑顔が満ち溢れる現場でした。
FCへのメッセージ 瀬戸大橋、美しい瀬戸内海の島々、現存する日本最古の歌舞伎舞台「金丸座」等・・・。
これらの魅力資源を有効活用し、フィルムを通して全国・世界の人々に発信していって欲しいと思います。観光香川のPRに期待します。今回の栗林公園・商工奨励館前でのロケは最高でした。