カテゴリーを選択
開催日を選択
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             

曲がれ!スプーン

2008年12月16日(火)-24日(水)の9日間、映画『曲がれ!スプーン(主演:長澤まさみ)』のロケが行われました。

毎回異なるジャンルに取り組みながら、作品毎にエンターテイメントを追求している本広監督が、『サマータイムマシン・ブルース』、『UDON』に次いでお贈りする香川三部作目のエンターテイメント。それが『曲がれ!スプーン』です。この映画は、京都を活動拠点とする劇団『ヨーロッパ企画』の最高傑作との呼び声が高い戯曲『冬のユリゲラー』が原作で、本広監督が原作の魅力を活かしながら、映像的な面白さを加えることによって、よりスケールアップした物語となっています。

『サマータイムマシン・ブルース』、『UDON』の制作担当であり、香川FCとも馴染みの深い制作スタッフより、「今度の映画のロケ地として、香川県が候補に挙がっています。」と連絡があったのが、昨年の4月。それからロケハンがあり、ロケ地の使用許可申請について関係各所と協議を行い、ボランティアスタッフやエキストラの募集をしていたら、アッと言う間にクランク・イン当日を迎えていました。

この映画は、観音寺市の有明浜でクランク・イン。「初日が肝心!」とスタッフも気合いが入っていましたが、その思いが通じたのか、当日は天気も良く、心配していた海岸のゴミも、地元の清掃ボランティアの方々のご協力で全て無くなっており、気持ちの良いスタートを切ることができました。その後、善通寺市内各所・丸亀市内各所・三木町のことでん井戸駅での撮影も順調に進み、色々な噂が飛び交う中、12月24日、中津万象園で無事に香川ロケが終了しました。これも全て、善通寺市民のみなさまを始め、撮影にご協力いただきました関係者のみなさま、ボランティアスタッフやエキストラにご参加いただきましたみなさまのおかげです。本当にありがとうございました。

作品のメインの舞台は喫茶店の中ですが、随所に香川県の見慣れた風景、見たことがある風景が出てきます。ぜひご覧ください!!

制作年 2008
主なロケ地 観音寺市/有明浜
善通寺市/善通寺、喫茶思いつき、熊岡菓子店、清水屋、洋菓子のワールド、お好み焼き楓ちゃん
丸亀市/中津万象園、塩田工業、竹山荘
三木町/ことでん井戸駅
ロケ日程 12月16日(火)-24日(水)
キャスト 長澤まさみ、志賀廣太郎、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹 ほか

名前 泉(香川FC応援団)
内容 3歳の息子と一緒に2日間行かせていただきました。初日は、冒頭のシーンだそうですが、お母さん役の方と有明浜の海辺で遊ぶ家族役として、2日目は善通寺市内で、またまたお母さん役の方と通行人役としてエキストラ出演しました。
楽しかった点など やっぱり有名人が画面の向こうではなく、目の前にいて真横を通り過ぎたりするところがすごいなぁと思いました。
また、スタートの掛け声からカットと言われるまでの間、程よい緊張感があり、市内での撮影の際は、ギャラリーの方がたくさんいる中で、エキストラという立場で自分が映画に参加しているんだなあという満足感を得ることができました。
全体的な感想 今回、初めての参加で且つ子供と一緒ということで自分自身、子供にとっても、本当にいい経験ができたと思います。何気なく見ていた映画ですが、こんなに大勢の方々が携わっているとは思いませんでした。また、スタッフの方々、お母さん役の方、他のエキストラの方々には本当に子供のことでいろいろご迷惑をかけてしまいましたが、嫌な顔一つせずに対応していただき本当に感謝しています。
やっぱり自分が少しでも携われたということで、この映画への思い入れは全然かわってきますね。あとロケ現場でのうどんはうまいですね。
次に機会があるようでしたら、また参加させていただきたいです。
FCへのメッセージ これからもどんどん香川での撮影を増やしていただければ嬉しいです。
名前 勝ちゃん(香川FC応援団)
内容 長澤まさみさんが歩いている横を赤チャリで通り過ぎる役。また、クリスマスケーキを買いに行く通行人役など。
楽しかった点など たくさんありますが、まず役者さんを近くで見れたこと、監督さんの近くに居れたこと(個人的に監督のファンでして参加を決めました)、炊出しのうどんがおいしくて、温かかったことなど(香川ならやっぱりうどんでしょ)。
全体的な感想 映画1本作るのは、大変だなーと思いました。1つのシーンを作るのに多くのスタッフが係わり、とても暖かいものになりますね。その場面に参加できた事をうれしく思います。私は、とても楽しかったです。
エキストラ仲間もでき、知らない方と出会えたことも良かったです。
映画が公開されたら、ぜひ見に行きます。ありがとうございました。
FCへのメッセージ 撮影の間、大変お疲れ様でした。寒く、時間も長かったので疲れがでているのでは?皆さんの協力なしではできなかったと思います。本当にお疲れ様でした。
今後期待することは、多くの方に知っていただくことだと思います。存在自体知らない方もたくさんいるので、県のイベントなどで県民の方にお知らせし、活動の良さを伝えて行く事を期待します。応援しています。
名前 本田由美子(ボランティアスタッフ・エキストラ)
内容 食事の用意や荷物運び交通整備など(ボランティアスタッフとして)。
海辺のシーンの時に、カップル役で参加(エキストラとして)。
楽しかった点など 映画の撮影を、間近で見ることができたことです。
全体的な感想 今回、ボランティアスタッフとして2回参加しました。1回目は、観音寺の有明浜で、2回目は善通寺での撮影でした。
撮影場所の駐車場に着くと、東京ナンバーの大きな車が何台もあり、それだけでもかなり興奮しました(笑)。ボランティアスタッフとして参加していたのですが、有明浜ではエキストラにまで参加させてもらって、ほんとうに貴重な経験をさせてもらいました。2回参加しただけですが、とても楽しく充実した時間が過ごせました。思い切って参加して良かったです!
FCへのメッセージ 今回はじめてフィルムコミッションというものがあることを知りました。私のようにまだ知らない方も多いと思います。宣伝活動をして、より多くの人にフィルムコミッションを知ってもらいたいと思いました。